債務整理は家族に秘密にできる?

MENU

債務整理は家族に秘密にできる?

家族に内緒で借金をしている方は少なくないと思います。言いたくても相談できず、つい消費者金融から借りる場合が多いです。そのため債務整理もできれば家族に知られたくない方もいると思います。では債務整理は家族に秘密にできるのでしょうか?

 

任意整理なら家族に知られる可能性は低い

任意整理の場合は申込みに必要な書類等は自分で用意できるので、1度申し込めばあとは弁護士・司法書士が交渉を行うので家に連絡がいく心配はありません。もちろん事前に家族に内緒でという意向は伝えておきましょう。しかし支払いが約束通りに行われなかったりした場合はこの限りではありません。

 

中には依頼した弁護士・司法書士が遠方にある場合は、完済証明書などは郵送などでやりとりされるので、通常の封筒を使用するなどの工夫も必要ですね。

 

個人再生や自己破産は家族に秘密にするのは困難か

個人再生や自己破産も手続きは依頼した弁護士・司法書士が行ってくれるのですが、裁判所を通すための書類が必要になります。通常は依頼者以外の家族の収入証明や通帳の写しなど、家族の了解を得ないと用意できない書類があります。仮にうまく用意できたとしても、任意整理よりも重大な手続きになるので家族に正直に打ち明けて理解を得た方がよいと思います。

 

家族が連帯保証人の場合は秘密にはできません

もし家族が連帯保証人になっている場合は債務者が債務整理すると連帯保証人へ請求がいくので隠しようがありません。債権者からも勿論連絡もいきます。なのでこの場合は正直に事情を話して家族も一緒に弁護士・司法書士に相談しにいきましょう。

 

無料借金減額シュミレーター

無料借金減額シュミレーターでまずは診断しましょう。無料・匿名・住所登録もないので気軽に利用できます。




あなたに最適な全国な相談所や法律事務所を全国から探し出すことのできます。毎月3000人が利用する人気総合比較サイトです。

関連ページ

債務整理とは何?
債務整理のことを良く知ったうえで、生活再建に活用しましょう。
債務整理のウワサは本当?
債務整理には様々な誤った噂やイメージが独り歩きをしてしまっています。ここでは債務整理の間違ったウワサを解決していきます。
債務整理をしても住宅ローンは組める?
債務整理をすると一生家を購入できなくなる?持家は売却しなければならない? そんな疑問を解決していきます。