債務整理のウワサは本当?

MENU

債務整理のウワサは本当?

債務整理には様々な誤った噂やイメージが独り歩きをしています。

 

良くない噂ほど人は信じてしまうもの。

 

債務整理は多重債務で苦しんでいる人の生活を再建することができる手段なのに、そのマイナスなイメージのせいで活用されにくい状況になっています。

 

ここでは債務整理にまつわる様々な噂やイメージを解決していき、皆さんにぜひ活用していただきたく思っています。

 

債務整理をすると会社に連絡が行き働けなくなる?

そんなことは全くありません。債務整理をしたからといって弁護士からも裁判所からも、もちろん債権者からも会社に連絡がいくことはありません。

 

自己破産をした場合でも官報に載るか本籍地の破産者リストに載ることはあっても、官報など見ることはまずあり得ないし、破産者リストは見ることができないのでまず大丈夫と言えそうです。

 

債務整理をするとブラックリストに載る?

ブラックリストという名前のリストは実際には存在しません。なのでブラックリストに名前が載ることはありません。

 

でも金融機関の情報ネットワークである信用情報機関に登録されることになります。しかしこれが一生続くわけではなく一定期間を過ぎると債務整理をしたという記録はなくなります。

 

自己破産の場合であれば最長10年、任意整理ならば5年で消えます。

 

一生クレジットカードが作れなくなり、ローンも組めなくなる?

そんなことはありません。上記の情報機関の登録が消えると再びクレジットカードを作れますし、ローンも組めます。

 

しかし金融機関によっては債務整理をされた人を自社で管理している場合もあるので、以前債務整理した債権者の場合は契約できないことも考えられます。

 

まずは以前に取引していなかったところから試すのが良いと思います。

 

家族もローンやクレジットカードが使えなくなる?

債務整理の履歴は本人にしか適用されないので、家族の信用情報には影響ありません。

 

子どもの進学や就職に悪影響が及ぶ?

金融会社のネットワーク機関や官報にしか登録されませんし、自己破産しても本籍地の破産者リストにしか載らないので見られることは、まずないでしょう。

 

自分から言わなければ問題ありません。

 

住民票や戸籍に記載されてしまう?

記載されません。任意整理の場合は情報機関のみに登録されます。個人再生と自己破産の場合は官報と本籍地の破産者リストに載りますが、実際に官報をみられることは考えにくいですし、破産者リストは許可なしでは見られないので心配の必要はありません。

 

債務整理は家族にバレる?

任意整理であれば、少し注意を払えば内緒にできるでしょう。

 

個人再生と自己破産に関しては絶対無理とは言いませんが難しいと思います。
詳しくは債務整理は家族に秘密にできる?という記事をご参照ください。

 

債務整理をしても恐ろしい借金の取り立てからは逃れられない?

いいえ。そんなことはなく、弁護士または司法書士に債務整理を依頼した時点から債権者からの催促はストップされます。もし借入先から催促の電話が来た場合はまだ連絡が行っていない可能性があるので、債務整理を依頼した弁護士や司法書士の事務所名を伝え、債務整理をした事を伝えればその場は収まりますし以後連絡が来ることはありません。

 

※ただし個人再生・自己破産・特定調停の手続きの場合は裁判所を通して行うので、債務整理後の支払いが滞ると、すぐに給料差し押さえなど法的措置をとられる場合があります。

 

債務整理をすると近所に知れ渡る?

自分から言わない限り、ご近所に知られることはありません。

 

財産はすべて売り払うことになるの?

いいえ。なりません。自己破産以外の手続きでは特に何も売る必要はありません。自己破産の場合は1コの財産が20万以上のものは処分する必要があります。債権者に分配するために処分することになります。でも20万以上の物ってかなり少ないと思いますよ。

 

自己破産すると連帯保証人に請求が行く?

その通りで、請求が行きます。自己破産はあくまで本人の債務金額が圧縮されるので、連帯保証人にすぐに請求が行くことになります。それを避けるには連帯保証人も同時に債務整理をする必要がありますので保証人がいる場合は必ず弁護士に相談しましょう。

 

債務整理すると賃貸住宅・アパートが借りられなくなる?

一部の物件以外は大丈夫です。前述の通り、債務整理は金融機関ネットワークの情報機関に登録され、場合により官報や破産者リストにも載りますが、一般的な会社では見ることはできませんので、現金払いの物件では大丈夫です。

 

しかし、もし支払用の新たなクレジットカードが必要になる物件などは難しいですね。クレジットカードが数年は作成できないからです。それ以外の物件を探したほうが良さそうです。

 

債務整理後はしばらくの間、給料を自由に使えなくなる?

これは全くそんなことはなく、自由に使えます。ただし任意整理以外の方法で債務整理した場合に、その後の支払いを滞納すると給料を差し押さえられる場合があります。

 

自己破産すると選挙権を失う?

全くそんなことはありません。債務整理の全てにおいて、選挙権がなくなるということはあり得ません。

 

年金がもらえなくなる?

全く債務整理には関係ありません。一般の扱いと変わりありません。

 

戸籍や住民票に載ってしまう?

債務整理の事実は住民票にも戸籍にも載ることはありません。個人再生と自己破産をした場合は官報と破産者リストには載りますが、通常の生活の中では目にすることはないでしょう。

 

海外旅行へ行けなくなる?

普通に行けますが、自己破産をした場合のみ免責認定を受けるまでの期間は海外旅行へ行くという届け出を裁判所に提出しなければなりません。しかし大概の場合は問題なく許可されるようです。

無料借金減額シュミレーター

無料借金減額シュミレーターでまずは診断しましょう。無料・匿名・住所登録もないので気軽に利用できます。




あなたに最適な全国な相談所や法律事務所を全国から探し出すことのできます。毎月3000人が利用する人気総合比較サイトです。

関連ページ

債務整理とは何?
債務整理のことを良く知ったうえで、生活再建に活用しましょう。
債務整理は家族に秘密にできる?
債務整理は本来なら家族の理解を得て行うべきかもしれませんが、できれば知られたくない方も多いと思います。そこで債務整理は家族に知られずにできるのか調べました。
債務整理をしても住宅ローンは組める?
債務整理をすると一生家を購入できなくなる?持家は売却しなければならない? そんな疑問を解決していきます。