債務整理をしても住宅ローンは組める?

MENU

債務整理をしても住宅ローンは組めるのか?

債務整理をした人間は、一生家なんて買うことは出来ないのでしょうか?

 

実際にはそんなことはなく自己破産経験者が家を購入した話はいくらでもあります。

 

ただし債務整理をした直後は購入できません。まぁそんな余裕があれば債務整理なんてしないんでしょうが。

 

住宅ローンは、その取引する銀行が審査をするのですが、その際に全国銀行個人信用センターという機関の情報が照会されます。

 

この信用機関に任意整理なら約5年、個人再生・自己破産なら約10年間、情報が載ってしまうので、その間は銀行の審査に通ることは現実的に難しいです。

 

でも、その期間が終われば債務整理の履歴は信用機関に残らないので、一般の人と同じく他に問題がなければ住宅ローンを組むことが可能になります。

 


債務整理をすると持家は処分されるのか?

よく自己破産のイメージで、住む家を無くしてホームレスになったようなシーンなどが使われることが良くあります。

 

でもこれは実際にはどうなんでしょうか。

 

結論から言うと、自己破産の場合のみ持家の売却が必要になります。任意整理や個人再生の場合は必要ありません。

 

なぜ自己破産の場合だけ、家を手放さなきゃいけないのか?

自己破産の場合、借金の全てを免責してもらう為には、裁判所に認定してもらう必要があります。

 

そのためには20万円を超える財産の処分が必要になります。例えば家とか自動車などがこれに該当します。借金がゼロになるわけですから仕方ないでしょう。

 

どうしても家を手放したくないのであれば、個人再生を選ぶほうが良いかもしれません。個人再生であれば住宅ローン特別条項を利用して、住宅を保有しながら返済していくことが可能になります。でも自己破産と異なり、借金が全て免責になるわけではないので、支払いは残ります。

 

任意整理・特定調停の場合は?

これらの手続きの場合は債権者との交渉で返済計画を作り直したうえで返済を継続していくので、住宅ローンを支払い続けても返済計画通りに支払が可能なのであれば、住宅を処分する必要はありませんし、強制的に売却を迫られることもないようです。


無料借金減額シュミレーター

無料借金減額シュミレーターでまずは診断しましょう。無料・匿名・住所登録もないので気軽に利用できます。




あなたに最適な全国な相談所や法律事務所を全国から探し出すことのできます。毎月3000人が利用する人気総合比較サイトです。

関連ページ

債務整理とは何?
債務整理のことを良く知ったうえで、生活再建に活用しましょう。
債務整理は家族に秘密にできる?
債務整理は本来なら家族の理解を得て行うべきかもしれませんが、できれば知られたくない方も多いと思います。そこで債務整理は家族に知られずにできるのか調べました。
債務整理のウワサは本当?
債務整理には様々な誤った噂やイメージが独り歩きをしてしまっています。ここでは債務整理の間違ったウワサを解決していきます。